生産中止となりました。新ロボトークは2009年1月NAMMショーで発表される予定です!
Random Arrpegiator  
ランダムにシーケンスされる周波数増幅によるパーカッシブそしてダイナミックでユニークな新時代トレモロサウンド。
Envelope Filter  
±9VDCを使用して理想的な回路設計をすることにより伝統的なR&Bサウンドをより忠実に再現。
Lo-Pass Filter  
時代の先端をゆく特殊効果をエクスプレッションペダルを使用して周波数域を変化させ増幅することにより、リアルタイムで再現。
All Hand made  
フットスイッチにより2つのサウンドを瞬時に切り換えが可能、アルミダイキャストハウジングを使用することにより運搬等の衝撃もクリアー。
Full Analog Circuitry  

100%アナログ回路を採用し一つ一つ厳選されたトランジズタを使用することにより、アーティスティックな音を実現。周波数域は調整可能で様々な用途に対応します。

ロボトークには4つのバージョンがあります。
(1) Robotalk(ギター用標準タイプ): 定価¥40,000(税込み¥42,000)

(2) Robotalk w/Power Jacks(ギター用、9VDCジャック2個付き): 定価¥45,000(税込み¥47,250)

(3) Robotalk Bass (ベース用標準タイプ): 定価¥40,000(税込み¥42,000)

(4) Robotalk Bass w/Power Jacks(ベース用、9VDCジャック2個付き): 定価¥45,000(税込み¥47,250)

標準タイプを9VDCジャック付きに改造したい方はPCI 東京(Tel: 03-5604-0393)までご連絡下さい。
改造費は¥5,000(税込み¥5,250)で承ります。

ロボトークにAC Adapterを使う場合、独立した9VDCが2つ必要です。こちらを参照下さい。

プロミュージシャンによるロボトークの試奏映像はこちら!!

ロボトークのサンプルが聞けます。
エンベロープフィルター

(MP3ファイル400KB)

ランダムアルペジエーター

(MP3ファイル400KB)

Robotalkのマニュアルはこちら(PDF604K)。

 

 

2002-2017 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先